荷造りの原則はなんでしょうか?

荷造りには、注意すべきことがいくつかあり、原則があります。荷造りというと、どんな風にやってもあまり変わらないのでは、と思うかもしれませんが、やり方によっては大きく変わってきます。配慮がないと、中のモノを破損したりします。

全てしてくれる引越しプランもあります。http://www.bedandbreakfastatbay.com/

荷造りの原則は、新居の見取り図を作成しておくことです。新居の見取り図をつくっておくと効率的に荷物を運ぶことができます。

面倒に思うかもしれませんが、新居の見取り図を作っておけば、とても役立ちます。新居の部屋ごとに荷物をまとめておけば、引越業者が各部屋に運んでくれ、配置も楽になります。

部屋ごとの番号を決め、それぞれの荷物に運ぶ部屋の番号を記入しておけば、思いどおりに荷物が納まっていきます。

使わないものから荷造りするというのも、荷造りの原則になります。不要なものから荷造りするのが原則で、一番奥の部屋の普段使用しないものから徐々にやっていきます。

荷造りしていたらダンボールで出入口をふさいでしまったというようなことがないよう、ダンボールは奥の部屋から置いていきます。

中身はしっかりダンボールに記入しておくのも荷造りの原則です。新居でどのダンボールに何が入っているかを見失わないよう、中身には何が入っているかをダンボールに記入しておきましょう。