家を賃貸で貸し出す場合覚悟しておくことについて

海外に転勤することや、生活環境の変化で今住んでいる家を開けることになった場合、家を売却する選択肢の他に、賃貸で貸し出すという選択肢もあります。

(引越し見積もりまだの方<a href="http://www tamiflu over the counter.routesdefrance.com/” target=”_blank”>事務所 引越し 料金)

家を賃貸で貸し出す場合には覚悟をしておく必要がある事がいくつかあると言われています。

それにはどのようなのがあるかというと、まずは家の中の傷です。

他人が生活をするわけなので、生活の中で起きる傷や痛みといったものは回避することができませんし、それらの生活上発生する事が回避できないような傷や痛みの修理義務は貸し手側にあるため、借り手に別途請求することもできません。

他にあるのとしては、特定の期間だけ他人に貸すことにしていて、家具などをそのまま据え置きで貸している場合、家具がそのままの状態で維持されていない事もあるようです。

他には、期間限定の場合は期間が過ぎても住人が出ていかなったりしたり、ペットを飼うことを禁止していたのに飼っていたりして、匂いが残っていたり爪痕が残っていたり、という問題もあるようです。

このように賃貸することによるデメリットもそれなりにあるので、賃貸を考える場合にはある程度意識しておきましょう。